頁の先頭へ
 
<ダブルオートロックシステム>
エントランスホールでも鍵の認証が必要なダブルオートロック。各住戸の玄関と合わせると二重のセキュリティとなり不審者が棟内に侵入する事を防ぎます。
 
<カラーモニタ付 セキュリティインターホン>
エントランスの来訪者を音声と画面で確認できるカラーモニター付きデジタルインターホンを採用。暮らしの安心感をよりいっそう高めます。さらに、住戸の玄関ドアにもカメラ付ですから、再度音声と画面で確認できます。
 
<防犯警報機能>
防犯機能をセットすると、留守中に住戸内に不審者が侵入すると、警報が発せられます。
 
<防犯カメラー>
敷地内への不審者の侵入などを録画します。敷地内の複数箇所に防犯カメラを設置しています 。
エレベーター・自転車置場・駐車場等、不審者の隠れていそうな場所を絶えず撮影しております。
<共有モニタリング用モニター>
エントランスホールに、モニターを設置。外出する際や・エレベーターに入る際に確認する事ができます。
<住戸内モニタリング用モニター>
住戸内のカラーモニターインターホンでも、防犯カメラの映像を確認する事ができます。
 
<非接触式のノータッチキー>
エントランスなどのオートロックは、キーをかざすだけで解錠できるノンタッチキーシステムとシステムを採用。暗証番号によって解錠するタイプに比べ、オートロックの効果が高まります。 暗証番号の、のぞき見防止にも効果的です。
 
 
<リモコン式のノータッチキー>
エントランスなどのオートロックは、キーの解錠ボタンを推すだけで解錠できるリモコン式ノータッチキーシステムを採用。暗証番号によって解錠するタイプに比べ、オートロックの効果が高まります。 暗証番号の、のぞき見防止の他にエントランスドアを短時間でスルーできるため防犯効果が向上します。
 
U・TOPIA GROUPは、住まわれる方が安全に生活出来るように全棟に最新のセキュリティーシステムを導入しております。
しかし、如何なる最新機器を導入しても防げない人的災害がつきものです。 そのため、安心してお住まい頂く上での心得・注意事項・参考資料等を明記いたしました。 豆知識程度にご参考頂けたらと思います。
1.
お部屋やアパートの出入りには、ドアスコープ、インターホンモニターや
防犯モニターなどを利用して、不審な人がいないか注意する。

2.
盗難対策・防犯対策は、まず、戸締りをしっかりして下さい。(車も)
部屋を空ける場合は、照明をつけて出るのも、効果があります。
防犯機能のついた照明器具などは、定期的に照明をON/OFFする 機能を持ったものもあります。このようなものを、利用するのも手です。
振り込め詐欺、ワンクリック詐欺、マルチ商法、資格商法、催眠商法、 危険商法、訪問販売、募金詐欺、不当請求などの思わぬトラブルに あった場合は、早めの相談が被害の拡大を防げますので、お気軽にご相談下さい。
以下のHPを参考にして下さい。

岐阜県警
http://www.pref.gifu.lg.jp/police/

安全な暮らし(岐阜県警)
http://www.pref.gifu.lg.jp/police/kurashi-anzen/hanzai-kenkyo/cyber-hanzai/

<悪質な訪問販売業者>
U・TOPIA等の管理者の具体的な名前をあげて、消火器・レンジフード用器具等の 当アパート指定と偽り強制的に売りつける悪質な訪問販売業者。
管理人・大家・この建物の施工業者の工務店・中部電力・ガス・岐阜市役所・消防署等 の名前で部屋に近づき部屋の中の点検を装い結果的に消火器・レンジフード用器具等を 売りつける悪質な訪問販売業者

※U・TOPIAでは、訪問販売するものは基本的にありません。

3.
インターネットの時代になって急増したのがネット犯罪です。
ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺、インターネットオークションでの詐欺行為などです。
危ないサイトには、行かなようにしましょう。(出会い系やアダルト系)
迷惑メールや知らない人からのメールは、見ないようにしましょう。
ユーザーIDやパスワーどは、しっかりと管理しましょう。
OSやソフト等の更新( Windows Update 等) 等を利用しましょう。
統合のセキュリティ対策のソフトを入れて、ウィルス対策だけではなく、スパイウェア等 にも十分に対策しましょう。
ホームページで、個人情報を入力する場合(特にクレジットカード等の情報)を入れる場合 には、そのサイトが信頼がおけるか、十分に気を使ってください。 以下のHPを参考にして下さい。

ハイテク対策(警視庁)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/index.htm

4.
個人情報は、慎重に扱ってください。むやみに住所や電話番号やメールアドレス等を教えない ほうが無難です。怪しい、署名や、懸賞への応募には、ご注意ください。

5.
大学周辺は、全国からいろんな人が集まってきていることをご認識してください。キャッチセールスや 訪問販売、DMでの広告には注意が必要です。

6.
ストーカー行為とは、「つきまとい・押しかけ・待ち伏せ行為」「無言電話・繰り返しの電話やFAX」 「拒否しているのもかかわらずの面会・交際の要求」「贈り物を受けとることの要求」「無断監視」 等を繰り返し、行うことをいいます。この犯罪は、初期の対策が重要です。
状況・内容をメモし、警察へ届けれるようにしておく。防犯ブザーを携帯する。 自分が部屋にいる ことが外から見えないような工夫をする(カーテンをしっかり閉める。厚手の生地にする)。
ナンバー・ディスプレイ機能付き電話にし、ナンバー・ディスプレイを電話会社と契約する。
携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。不安なときはタクシーなどを利用する。
一人で悩まず、信頼できる人に相談し、万が一の場合は、警察に助けを求める。

7.
「夜道歩き」、「携帯音楽プレーヤーでヘッドフォンしての歩き」、「電話しながらの歩き」、 「メールやゲームしながらの歩き」は、危険です。引ったくりや、交通事故にはご注意ください。

8.
鍵、携帯電話、カードの紛失については、必ず、紛失届や不正使用防止の対策を取りましょう。
また、鍵を貸す行為も、行わないようにしましょう。トラブルの原因になるともかぎりません。